ホームへ戻る HOME
当館概要 コレクション 展覧会 賛助会・友の会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス リンク集
展覧会情報


■2019年度展覧会スケジュール

 春季展 「生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技」
 2019年4月27日(土)~7月3日(水)


 夏季展「大名調度を彩るデザインの世界」
 2019年8月31日(土)~10月9日(水)


 秋季展「細川家と中国美術 修理完成披露 黄庭堅「伏波神祠詩巻」(仮)」
 2019年10月19日(土)~12月8日(日) 予定

 早春展「アジア憧憬―古代の工芸から近代洋画まで―(仮)」
 2020年2月15日(土)~4月15日(水) 予定

 ※展覧会の内容、会期につきましては、変更となる場合がございます。


■過去の展覧会


■春季展 生誕130年 漆芸作家 高野松山
今よみがえる究極の技
会期:2019年4月27日(土)~7月3日(水)
終了いたしました

熊本に生まれた高野松山(たかのしょうざん・1889~1976)は、幼少時より細工物を好んで熊本の工業徒弟学校で漆芸を学び、ついで京都市立美術工芸学校・東京美術学校に学びました。東京美術学校では、帝室技芸員の白山松哉(しらやましょうさい・1853~1923)から厳しい指導を受け、蒔絵(まきえ)の技術を習得します。のちに細川護立(ほそかわもりたつ・1883~1970)の援助を得、目白台の細川邸内に住み込んで「昼は殿様のボディーガード、夜間に制作」という生活を送ります。その後、帝展などへの出品をかさね、1955年には重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定されました。

本展は、永青文庫所蔵の高野松山作品全12点を中心に、第1章「近世の漆芸」、第2章「高野松山と近代の工芸」、第3章「近代の絵画」で構成します。

晩年になっても熊本弁をつかい、豪放磊落な人柄だったという高野松山。しかし多彩な蒔絵の技術をもち、その作品1点1点には究極の技が込められています。生誕130年の年に、高野松山の緻密な作品を今一度味わっていただければ幸いです。


■主な展示作品


高野松山

獅子蒔絵色紙箱

昭和2年(1927)


高野松山

狩猟文鏡箱

昭和10年(1935)




高野松山

初夏文庫(麦に燕模様)

昭和11年(1936)


高野松山

菊蒔絵盆

昭和10年代




高野松山

菊蒔絵香合

昭和10年代


高野松山

蓮蒔絵香合

昭和10年代



   





●春季展 生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技
入館料

一 般:800円(700円)
シニア(70歳以上):600円(500円)
大学・高校生:400円
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※ 別館サロンは別途200円(不定休)

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し4/29・5/6は開館し、5/7は休館)

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
にてお知らせします。




■夏季展 大名調度を彩るデザインの世界
会期:2019年8月31日(土)~10月9日(水)

大名美術入門PartⅡとして大名調度や装束をデザインから読み解きます!


肥後細川家に伝わる美術工芸品は、四季折々の風物、愛らしい動物、人物、文学モチーフなど、さまざまなデザインで溢れています。それらは、視覚的な楽しさをもたらすだけでなく、何かを暗示したり、ある願いが込められていたりするものが少なくありません。本展では、永青文庫が所蔵する屏風や、文房具を中心とした漆工品、刀装具などを通して、そうした豊富な文様・デザインの世界をご紹介します。

また、本年は、永青文庫の設立者であり「美術の殿様」とも呼ばれた細川護立の母・宏子(1851~1919)の没後100年にあたります。この節目の年に、佐賀藩鍋島家から14代細川護久のもとへ嫁いできた宏子が、婚礼の際に着用したと考えられる打掛や、刺繍による華やかな文様の小袖などもあわせて展示します。

昨年に続く入門編の展覧会。この機会に、お殿さまやお姫さまの暮らしを彩っていた調度類や装束をより身近に感じていただけたら幸いです。


■主な展示作品



跡継ぎの誕生を願って


唐子遊図屏風 狩野惟信筆

江戸時代後期







いつの時代もめでたい象徴・松竹梅


白地松竹梅文様打掛(細川宏子所用) *

江戸時代後期


水辺を飛び交う、良縁や安産のシンボル・燕


水色地燕海辺文様小袖(細川宏子所用) *

江戸時代後期







大きな橋が示すものとは?


橋桜九曜紋蒔絵硯箱

江戸時代中期

一枝の椿と散る紅葉、上品なデザイン


椿蒔絵詠草箱 原羊遊斎作

江戸時代後期







小さな刀装具に物語の世界を


頼政鵺退治図三所物 後藤程乗作

江戸時代前期


刀のアクセサリーは動物モチーフで


象図目貫 横谷宗珉作

江戸時代中期


    *は熊本県立美術館所蔵、その他は永青文庫所蔵

    >> プレスの方へ





●令和元年度 夏季展 大名調度を彩るデザインの世界
入館料

一 般:800円(700円)
シニア(70歳以上):600円(500円)
大学・高校生:400円
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※ 別館サロンは別途200円(不定休)

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し9/16・23は開館し、9/17・24は休館)

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
にてお知らせします。




■ミニスライドトーク
 展覧会の見どころを担当学芸員が解説します。

日 時

2019年9月14日(土)・21日(土)14:00~(各回20分程度)

会 場 永青文庫2階会議室(開場:13:45)
定 員 20名(先着順) ※申込不要、参加無料(要入館料)



■HOME 過去の展覧会 TOP▲