永青文庫美術館 EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 お知らせ ショップ アクセス


●永青文庫公式Twitterを始めました

https://twitter.com/eiseibunko

●文庫部(ふみくらぶ)スタンプラリーを始めました



静嘉堂文庫美術館 http://www.seikado.or.jp/index.html
東洋文庫ミュージアム http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/
●一般車両用駐車場はございません。周辺の有料駐車場をご利用ください 。
●写真掲載についてはこちら


■夏季展示 「細川護立と近代の画家たち
−横山大観から梅原龍三郎まで−

会期:6/17(土)〜9/10(日)

前期:6/17(土)〜7/30(日)
後期:8/1(火)〜9/10(日)
※前・後期で大幅な展示替えを行います

永青文庫の設立者である細川護立(細川家16代・1883−1970)は、日本の近代美術を支えたコレクターとして知られます。横山大観、下村観山、菱田春草といった同時代の日本画家たちにいち早く注目した護立は、彼らを積極的に支援し、作品を蒐集しました。また洋画家たちとも親交を結び、梅原龍三郎や安井曾太郎から護立に宛てられた書簡が多数伝わります。こうした画家たちとの関わりのなかで形成されたコレクションは、それぞれの画業を語る上で欠かせない代表作を多く含み、永青文庫の所蔵品を特徴づける重要な要素となっています。

本展では、これまで展示する機会の少なかった平福百穂「豫譲」や松岡映丘「室君」などの大作のほか、横山大観が細川家本邸の日本間のために手掛けた杉戸絵「草花図」をはじめ、護立と画家たちの交流を背景に生まれた作品、親交の深さを示す書簡を展覧し、作品にまつわるエピソードや画家との関係を辿りながら、コレクションに秘められた物語を探ります。

細川護立に縁ある優品を通じて、護立の審美眼とともに、近代の画家たちに対する温かい眼差しを感じていただければ幸いです。





平福百穂 豫譲

大正6年(1917)

熊本県立美術館寄託

【前期展示】




松岡映丘 室君

大正 5年(1916)

熊本県立美術館寄託

【後期展示】




横山大観 草花図

大正10年(1921)

【後期展示】

小林古径 孔雀

昭和 9年(1934)

【後期展示】




菱田春草 平重盛

明治27年頃(1894)

【前期展示】

鏑木清方 抱一上人

明治42年(1909)

【前期展示】



 

横山大観・下村観山・竹内栖鳳 観音猿鶴

明治43年(1910)頃

【後期展示】




木村武山 祗王祗女

明治41年(1908)

【前期展示】

下村観山 春日の朝

明治42年(1909)頃

【後期展示】




梅原龍三郎 唐美人図

昭和25年(1950)

【前期展示】
安井曾太郎 連雲の町

昭和19年(1944)

  >> プレスの方へ






●主な展示作品
平重盛 菱田春草
明治27年(1894)頃
【前期展示】
祗王祗女 木村武山
明治41年(1908)
【前期展示】
春日の朝 下村観山
明治42年(1909)頃
【後期展示】
抱一上人 鏑木清方
明治42年(1909)
【前期展示】
観音猿鶴 横山大観・下村観山・竹内栖鳳
明治43年(1910)頃
【後期展示】
三蔵・悟空・八戒 今村紫紅
大正2年(1913)
【前期展示】
室君 松岡映丘
大正 5年(1916)
熊本県立美術館寄託
【後期展示】
豫譲 平福百穂
大正 6年(1917)
熊本県立美術館寄託
【前期展示】
草花図 横山大観
大正10年(1921)
【後期展示】
鳥尽 大智勝観・横山大観・田中青坪・荒井寛方・堅山南風
昭和初期
【前期展示】
孔雀 小林古径
昭和 9年(1934)
【後期展示】
横山大観像 梅原龍三郎
昭和17年(1942)
 
連雲の町 安井曾太郎
昭和19年(1944)
 
唐美人図 梅原龍三郎
昭和25年(1950)
【前期展示】
初転法輪之世尊 中村岳陵
昭和35年(1960)
【前期展示】



●夏季展示 「細川護立と近代の画家たち −横山大観から梅原龍三郎まで−
入館料

一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※障害者手帳をご提示の方およびその介助者(1名)は無料

開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
※夏季展期間中、17時まで延長開館いたします
休館日 月曜日(但し7/17は開館し、翌日休館)
交 通

・JR目白駅(「目白駅前」バス停)・副都心線雑司が谷駅(「鬼子母
神前」バス停)より、 都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて
「目白台三丁目」下車徒歩5分。
・都電荒川線早稲田駅より徒歩10分。
・有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分。
・東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分。






■リピーター割引
前期(6月17日[土]〜7月30日[日])・後期(8月1日[火]〜9月10日[日])で 大幅な展示替えを行います。 本展会期中、観覧済みの半券をご提示いただくと、入館料を100円引きにいたします。
※1名様につき1回まで。他割引との併用不可。


■平成29年度夏季展「細川護立と近代の画家たち」記念講演会

記念講演会「細川護立と近代の画家たち」
日 時

2017年8月5日(土)14:00〜15:30

講 師 塩谷純氏(東京文化財研究所)
会 場 肥後細川庭園 松聲閣(東京都文京区目白台1-1-22)
定 員 40人(先着順)
参加費 1000円(友の会会員800円)※税込 ※当日、現金でお支払いください
申込方法 7/1(土)午前10:00より電話(03−3941−0850)にて先着順に受付