永青文庫美術館 EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス


Topics

●高野松山130歳割!
2019年5月2日は、高野松山130歳の誕生日にあたります。それを記念し、5月2日は、皆さま入館料を100円引きにいたします。
ご来館お待ちしております。

●日墺修好150周年記念「サムライの美と詩心―大名細川家の700年」展開催のお知らせ
永青文庫の所蔵作品や細川護熙理事長の作品などが、「武器・武具」「能装束・茶道具」「細川家三代のコレクション」の3章構成で84件展示されます。詳しくはこちら
Die Eleganz der Hosokawa. Tradition einer Samurai-Familie
会場:Weltmuseum Wien(世界博物館ウィーン)
会期:2019年4月4日~7月16日

●永青文庫所蔵古文書セミナー開催のお知らせ
永青文庫が所蔵する5万8千点に及ぶ歴史資料を題材に、専門家をお招きして2018年・2019年の2年にわたり古文書セミナーを開催します。2019年度の詳細はこちら

●2019年度博物館実習募集要項はこちら

●過去のTopicsはこちら



■春季展 生誕130年 漆芸作家 高野松山
今よみがえる究極の技
会期:2019年4月27日(土)~7月3日(水)

熊本に生まれた高野松山(たかのしょうざん・1889~1976)は、幼少時より細工物を好んで熊本の工業徒弟学校で漆芸を学び、ついで京都市立美術工芸学校・東京美術学校に学びました。東京美術学校では、帝室技芸員の白山松哉(しらやましょうさい・1853~1923)から厳しい指導を受け、蒔絵(まきえ)の技術を習得します。のちに細川護立(ほそかわもりたつ・1883~1970)の援助を得、目白台の細川邸内に住み込んで「昼は殿様のボディーガード、夜間に制作」という生活を送ります。その後、帝展などへの出品をかさね、1955年には重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定されました。

本展は、永青文庫所蔵の高野松山作品全12点を中心に、第1章「近世の漆芸」、第2章「高野松山と近代の工芸」、第3章「近代の絵画」で構成します。

晩年になっても熊本弁をつかい、豪放磊落な人柄だったという高野松山。しかし多彩な蒔絵の技術をもち、その作品1点1点には究極の技が込められています。生誕130年の年に、高野松山の緻密な作品を今一度味わっていただければ幸いです。


■主な展示作品


高野松山

獅子蒔絵色紙箱

昭和2年(1927)


高野松山

狩猟文鏡箱

昭和10年(1935)




高野松山

初夏文庫(麦に燕模様)

昭和11年(1936)


高野松山

菊蒔絵盆

昭和10年代




高野松山

菊蒔絵香合

昭和10年代


高野松山

蓮蒔絵香合

昭和10年代



    >> プレスの方へ





●春季展 生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技
入館料

一 般:800円(700円)
シニア(70歳以上):600円(500円)
大学・高校生:400円
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※ 別館サロンは別途200円(不定休)

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し4/29・5/6は開館し、5/7は休館)

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
にてお知らせします。