永青文庫美術館 EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 賛助会・友の会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス リンク集

Topics

●秋田市立千秋美術館にて「永青文庫所蔵 近代日本画の名作 春草『黒き猫』がやってくる!」開催のお知らせ
秋田初の永青文庫コレクション展!菱田春草の「黒き猫」(9/21~10/11展示)・「落葉」(10/12~11/4展示)も限定公開されます。
詳細はこちら

●新刊『永青文庫の茶入』発売!詳しくはこちら

●過去のTopicsはこちら



■秋季展 細川家伝来・江戸の唐絵
特別展示・修理完成披露
黄庭堅「伏波神祠詩巻」(重要文化財)
会期: 2019年10月19日(土)~12月8日(日)
前期:10月19日(土)~11月10日(日)
後期:11月12日(火)~12月8日(日)
※前・後期で展示替をいたします

日本では古来、中国美術より多くの刺激を受けてきました。江戸時代にも、隠元が開山した萬福寺(京都府)が新しい文化のセンターとなり、江戸時代の画壇は沈南蘋ら来日した清時代の画家の作品から大きな影響を受けました。

熊本藩細川家8代藩主の斉茲(なりしげ)(1759~1835)は、国許の御抱絵師だけでなく江戸画壇の絵師にも絵画を制作させ、自らも絵を描くような美術趣味の強い大名でした。さらに明・清の中国絵画を積極的に収集したと考えられ、その収集作品の一部がいまも永青文庫に伝えられていることは、19世紀の大名家の絵画嗜好を探る上で貴重な事例です。

本展では、斉茲の生誕260年に合わせ、永青文庫所蔵の中国絵画を展示します。江戸時代後期の大名家が求めた大幅の「唐絵」の数々をご覧ください。

また昨年、永青文庫所蔵の黄庭堅「伏波神祠詩巻」(重要文化財)が、国・東京都・文京区の助成を得て3年にわたる修理を終え、美しくよみがえりました。この修理完成を記念し、前期(10月19日~11月10日)限定でお披露目いたします。


■主な展示作品



「細川斉茲像」(部分)

江戸時代(19世紀)

通期展示


顧氏 「咸陽宮(楼閣)図」 

明時代(15世紀)

前期展示


(伝)劉祥 「雲龍図」 

明時代(16~17世紀)

前期展示







呂紀(款)「花鳥図」 

明時代(16世紀)

後期展示







(伝)呂健「芙蓉鷺図」

明時代(16世紀)

後期展示


汪肇「月雁図」

明時代(16世紀)

後期展示

沈南蘋 「芦雁図」

清時代(18世紀)

通期展示






重要文化財 黄庭堅 「伏波神祠詩巻」(部分)

宋時代・建中靖国元年(1101) 前期展示




    >> プレスの方へ





●令和元年度 秋季展 細川家伝来・江戸の唐絵
特別展示・修理完成披露 黄庭堅「伏波神祠詩巻」(重要文化財)
入館料

一 般:800円(700円)
シニア(70歳以上):600円(500円)
大学・高校生:400円
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※別館サロンは別途200円(不定休)

開館時間 10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し11/4は開館し、11/5は休館)

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
にてお知らせします。




■ 記念講演会「細川家伝来・江戸の唐絵」

日 時

2019年11月16日(土)13:30~15:00(受付開始13:00~)

講 師 板倉聖哲氏(本展監修者・東京大学東洋文化研究所教授)
会 場 日本女子大学 新泉山館(東京都文京区目白台1-19-10)
定 員 60人(先着順、定員に達し次第受付を終了。)
参加費 1,000円(友の会会員・学生500円)※税込、当日現金でお支払いください。
申込方法 10月26日(土)午前10:00より電話(03-3941-0850)にて受付


■リピーター割引
本展会期中、観覧済の半券をご提示いただくと、入館料を100円引きにいたします。1名様につき1回まで。他割引との併用不可。