永青文庫美術館  EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 賛助会・友の会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス リンク集

Topics

●最新情報は、公式Twitterをご確認ください。

●展覧会スケジュール変更のお知らせ
本年度の展覧会スケジュールは、当初ご案内していたものから、下記の通り大きく変更となりました。詳しくはこちらをご確認ください。

 ・ミニ展示「大名細川家のステイホーム ―永青文庫の漆芸コレクション―」
  2020年6月27日(土)~7月12日(日)
 ・夏季展「翁 ―大名細川家の能の世界―」
  2020年7月23日(木)~8月30日(日)
 ・秋季展「永青文庫名品展 ―没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション―」
  2020年9月12日(土)~11月8日(日)
 ・冬季展「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」
  2020年11月21日(土)~2021年1月31日(日)

  ※新型コロナウイルス感染症の状況により、展覧会の内容・会期等が変更となる場合がございます。

●永青文庫の新型コロナウイルス感染拡大予防対策
ご来館される皆様に安心して展示をお楽しみいただくために、永青文庫では下記の感染予防対策を講じています。ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。 
 ・マスク着用の上、ご入館ください。
 ・入館時に、体調をお伺いし、非接触式の体温計による検温をさせていただきます。
  (37.5度以上の熱がある方はご入館いただけません)
 ・以下のお客様につきましてはご来館をお控えください。
  ①過去14日以内に、発熱、味覚・臭覚障害、息苦しさ、強いだるさ、風邪等の症状がある方
  ②身近に、新型コロナウイルスの感染者もしくは感染の疑いのある方がいらっしゃる方
  ③過去14日以内に、ご自身・同居している方で海外への渡航歴のある方  
その他、詳しくはこちらをご確認ください。

●各新聞社様の招待券をお持ちの方へ
「新・明智光秀論」展の会期変更に伴い、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の購読者の方で、有効期限2020年4月25日~6月21日の「新・明智光秀論」展の招待券をお持ちの方は、2020年11月21日(土)~2021年1月31日(日)の冬季展の期間中、ご使用いただけます。そのまま保管してお持ちください。

●永青文庫所蔵の松岡映丘「室君」と平福百穂「豫譲」が重要文化財に指定される運びとなりました。
これにより当館所蔵の指定品は、国宝8件、重要文化財34件となります。
どちらの作品も、秋季展「永青文庫名品展」(9月12日~11月8日、会期中展示替えあり)で公開予定です。
文化庁 報道資料

●入館料改定のお知らせ
令和2年度 夏季展より入館料を次のとおり改定させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【現行】          【改定後】
一般:800円         →1000円
シニア(70歳以上):600円  →800円
大学・高校生:400円     →500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料


●過去のTopicsはこちら



■ミニ展示 「大名細川家のステイホーム
 ―永青文庫の漆芸コレクション―」
会期: 2020年6月27日(土)~7月12日(日)
※3階展示室・2階展示室一部のみの開室となります

永青文庫は今年財団設立70周年という節目の年を迎え、名品をご覧いただく展覧会の数々を企画しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、展覧会の会期を残しての休館や大幅なスケジュール変更をせざるを得ない状況となっているところです。現在、夏季展「翁―大名細川家の能の世界―」から再開する予定で準備を進めていますが、その前に短い期間ではありますが、少しでも多くの方に所蔵品の魅力をお伝えしたく、ミニ展示「大名細川家のステイホーム ―永青文庫の漆芸コレクション―」を開催することといたしました。  

永青文庫は、化粧道具や文房具、飲食具、遊戯具など、大名細川家伝来の漆芸の優品を多数所蔵しています。今回はそのなかから、代表的なものを選び、金銀の蒔絵や螺鈿などで飾られた華やかな調度品を展示いたします。新型コロナウイルスの影響で外出がままならない日々が続いておりますが、本展でご紹介する大名細川家のおうちでの楽しみ方を通して、安らぎのひと時をお過ごしいただけましたら幸いです。


■主な展示作品


 
 


おうちにいるときでも、
身だしなみは整えたいものです

「菊唐草蒔絵櫛台」
江戸時代(19世紀)

 


こんな時はお洒落しよう!

「紫陽花象嵌蒔絵印籠」 原羊遊斎 作
江戸時代(18~19世紀)




 
 


なかなか会えないあの人に筆をとりましょう

「網代螺鈿貝蒔絵文台・硯箱」
江戸時代(18~19世紀)

 


たくさんお出掛けできる日を願って

「菊蒔絵提重」
江戸時代(18~19世紀)




 
 


おうちで遊ぼう

「九曜紋唐草蒔絵十種香道具」
江戸時代(19世紀)

 


疫病退散!平和な世を願って

「鐘馗螺鈿鏡箱」
江戸~明治時代(19世紀)



  *すべて永青文庫蔵





●ミニ展示
 「大名細川家のステイホーム ―永青文庫の漆芸コレクション―」
入館料 300円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
※別館サロンは休館
開館時間 10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日

月曜日

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitterにてお知らせします。