永青文庫美術館 EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス


Topics

●平成30年度早春展「石からうまれた仏たち」情報アップ!詳しくはこちら

●永青文庫所蔵古文書セミナー開催のお知らせ
永青文庫が所蔵する5万8千点に及ぶ歴史資料を題材に、専門家をお招きして2018年・2019年の2年にわたり古文書セミナーを開催します。詳しくはこちら
※2018年度第1~3回は定員に達したため、受付を終了いたしました。
キャンセル待ちは承っておりません。ご了承ください。


●過去のTopicsはこちら



■秋季展 江戸絵画の美
―白隠、仙厓から狩野派まで―
会期:2018年10月13日(土)~12月5日(水)
※会期中、一部展示替えがあります

細川家には多彩な江戸時代絵画が伝わります。江戸時代に幕府や諸大名の御用絵師の座をほぼ独占した江戸狩野派の優品をはじめ、動物画を得意とした森派、谷文晁の《東海道勝景図》などがあります。また、細川家8代目の重賢(しげかた)は数々の写生帖を制作させて江戸時代における博物学に多大なる影響を与え、10代目の斉茲(なりしげ)は自らも絵筆を揮い、中国絵画や絵巻物を収集して配下の御用絵師たちに学ばせ、熊本に多彩な絵画文化をもたらしました。さらに、細川護立(もりたつ)が数多く収集した白隠や仙厓の作品も見逃せません。今回の展示ではこのような江戸時代絵画のコレクションの中から、選りすぐりの名品を紹介します。


■主な展示作品


白隠慧鶴「虚堂智愚像」

江戸時代中期

(11月11日までの展示)

仙厓義梵「朧月夜図」

江戸時代後期




狩野派「帝鑑図屏風」

桃山時代

熊本県立美術館寄託(11月11日までの展示)







狩野栄信「百鳥図」

江戸時代後期

(11月13日からの展示)








衛藤良行「領内名勝図巻《上益城郡矢部手永之内》」

江戸時代後期







 

森徹山「桜猿・紅葉鹿図」

江戸時代後期

(11月13日からの展示)

 

福田太華「孔雀図」

江戸時代後期

1111日までの展示)




谷文晁「東海道勝景図」

江戸時代後期






細川重賢編「毛介綺煥」

江戸時代中期

杉谷雪樵「小嵐山図」

明治時代




  >> プレスの方へ





●秋季展 江戸絵画の美 ―白隠、仙厓から狩野派まで―
入館料

一 般:800円(700円)
シニア(70歳以上):600円(500円)
大学・高校生:400円
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日

月曜日

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
  短縮を行う場合があります。
  最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
  にてお知らせします。