永青文庫美術館  EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 賛助会・友の会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス リンク集

Topics
●最新情報は、公式Twitterをご確認ください。

●2022年度展覧会スケジュールをアップしました。詳細はこちら

●2022年度博物館実習募集要項はこちら

●クラウドファンディング「文化財修理プロジェクト」第一弾の新着情報はこちら

●クラウドファンディング「文化財修理プロジェクト」第1弾は、目標達成いたしました。
最終的に943名の方から、14,755,000円のご支援を頂きました。 応援してくださった皆様、すべての方々に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

プロジェクト詳細はこちら

●2022年4月1日より年間パスポートを新設します。詳細はこちら。 

●永青文庫の新型コロナウイルス感染拡大予防対策
ご来館される皆様に安心して展示をお楽しみいただくために、永青文庫では下記の感染予防対策を講じています。ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。 
 ・マスク着用の上、ご入館ください。
 ・入館時に、体調をお伺いし、非接触式の体温計による検温をさせていただきます。
  (37.5度以上の熱がある方はご入館いただけません)
 ・以下のお客様につきましてはご来館をお控えください。
  ①過去14日以内に、発熱、味覚・臭覚障害、息苦しさ、強いだるさ、風邪等の症状がある方
  ②身近に、新型コロナウイルスの感染者もしくは感染の疑いのある方がいらっしゃる方
  ③過去14日以内に、ご自身・同居している方で海外への渡航歴のある方  
その他、詳しくはこちらをご確認ください。


●過去のTopicsはこちら

                                     


■冬季展 「古代中国・オリエントの美術 リターンズ
   ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」

会期:2021年12月18日(土)
     ~2022年2月13日(日)
※4階・3階展示室のみの開室となります

古代中国・オリエントの美術、再び集結

2020年2月より開催し、ご好評いただいた「古代中国・オリエントの美術―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」展。新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりやむなく途中閉幕となった同展が、今冬、およそ1年10か月ぶりに帰ってきます。

永青文庫の設立者・細川護立(もりたつ)(細川家16代・1883~1970)は、幼い頃から漢籍に親しみ、中国の文化に強い憧れを抱いていました。やがて大正15年(1926)から約1年半かけてヨーロッパを巡り、のちに国宝に指定される 「金彩鳥獣雲文銅盤(きんさいちょうじゅううんもんどうばん)」などの中国青銅器や陶磁器を購入し、以降本格的に中国美術のコレクションを始めます。さらに護立の関心はオリエント美術にまで及び、イスラーム陶器やタイルの優品も蒐集しました。

本展では、“細川ミラー”の名で広く知られる「金銀錯狩猟文鏡(きんぎんさくしゅりょうもんきょう)」(国宝)など前回の出品作品に加え、当館では8年ぶりの公開となる「金銀玻璃象嵌大壺(きんぎんはりぞうがんおおつぼ)」(重要文化財)をはじめとした古代中国の美術13点を新たに展覧。さらに、高度な技術でつくられた大変珍しい「ゴールドバンドガラス碗」などのオリエント美術を再びご紹介します。


■主な展示作品
 
 


国宝「金銀錯狩猟文鏡」
中国 戦国時代(前4~前3世紀)
【2021年12月18日(土)
~2022年1月23日(日)限定公開】


 


国宝「金彩鳥獣雲文銅盤」
中国 前漢~新時代(前3~後1世紀)
【2022年1月25日(火)
~2月13日(日)限定公開】



 
 


重要文化財「金銀玻璃象嵌大壺」
中国 戦国時代(前5~前3世紀)

 


重要文化財「銀人立像」
中国 戦国時代(前5~前3世紀)



 


「ゴールドバンドガラス碗」
東地中海沿岸域 前2~前1世紀
 


「木製シャブティ」
エジプト 新王国時代第18王朝
(前15~前14世紀頃)

 


 
 


「白釉色絵人物文鉢」
イラン 12~13世紀

 


「ヤギ文タイル」
イラン 17世紀


※すべて永青文庫蔵

>> プレスの方へ



●冬季展 古代中国・オリエントの美術 リターンズ
               ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―
入館料 一 般:800円
シニア(70歳以上):600円
大学・高校生:300円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
開館時間 10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し2022/1/10は開館し、1/11は休館)、
年末年始(12/27~2022/1/7)

※新型コロナウイルス感染症、天災、災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合があります。最新の情報はTwitterにてお知らせします。
※ご来館にあたって事前予約は必要ありませんが、混雑時はお待ちいただく場合がございます。
※マスク着用の上、ご来館ください。当館の新型コロナウイルス感染拡大予防対策については、こちらをご覧ください。