永青文庫美術館  EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 賛助会・友の会 写真・閲覧申請 ショップ アクセス リンク集

Topics

●最新情報は、公式Twitterをご確認ください。

●展覧会スケジュール変更のお知らせ
本年度の展覧会スケジュールは、当初ご案内していたものから、下記の通り大きく変更となりました。詳しくはこちらをご確認ください。

 ・ミニ展示「大名細川家のステイホーム ―永青文庫の漆芸コレクション―」
  2020年6月27日(土)~7月12日(日)
 ・夏季展「翁 ―大名細川家の能の世界―」
  2020年7月23日(木)~8月30日(日)
 ・秋季展「永青文庫名品展 ―没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション―」
  2020年9月12日(土)~11月8日(日)
 ・冬季展「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」
  2020年11月21日(土)~2021年1月31日(日)

  ※新型コロナウイルス感染症の状況により、展覧会の内容・会期等が変更となる場合がございます。

●永青文庫の新型コロナウイルス感染拡大予防対策
ご来館される皆様に安心して展示をお楽しみいただくために、永青文庫では下記の感染予防対策を講じています。ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。 
 ・マスク着用の上、ご入館ください。
 ・入館時に、体調をお伺いし、非接触式の体温計による検温をさせていただきます。
  (37.5度以上の熱がある方はご入館いただけません)
 ・以下のお客様につきましてはご来館をお控えください。
  ①過去14日以内に、発熱、味覚・臭覚障害、息苦しさ、強いだるさ、風邪等の症状がある方
  ②身近に、新型コロナウイルスの感染者もしくは感染の疑いのある方がいらっしゃる方
  ③過去14日以内に、ご自身・同居している方で海外への渡航歴のある方  
その他、詳しくはこちらをご確認ください。

●各新聞社様の招待券をお持ちの方へ
「新・明智光秀論」展の会期変更に伴い、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の購読者の方で、有効期限2020年4月25日~6月21日の「新・明智光秀論」展の招待券をお持ちの方は、2020年11月21日(土)~2021年1月31日(日)の冬季展の期間中、ご使用いただけます。そのまま保管してお持ちください。

●入館料改定のお知らせ
令和2年度 夏季展より入館料を次のとおり改定させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【現行】          【改定後】
一般:800円         →1000円
シニア(70歳以上):600円  →800円
大学・高校生:400円     →500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料


●過去のTopicsはこちら



■秋季展 財団設立70周年記念
永青文庫名品展
―没後50年“美術の殿様”
        細川護立コレクション―
会期:9月12日(土)~11月8日(日)
前期:9月12日(土)~10月11日(日)
後期:10月13日(火)~11月8日(日)
※前・後期で展示替をいたします

2020年は、永青文庫の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代当主・1883~1970)の没後50年にあたります。護立は稀代のコレクターとして知られ、十代の頃から白隠(はくいん)・仙厓(せんがい)などの禅画や刀剣の蒐集を始め、近代絵画、東洋美術に至るまで、幅広くコレクションしました。このような多岐にわたる護立の蒐集品は、当館の所蔵品を特徴づける重要な柱となっています。そのなかには国宝・重要文化財が20点以上含まれていますが、本年、新たに近代絵画コレクションから松岡映丘(えいきゅう)の「室君(むろぎみ)」と平福百穂(ひらふくひゃくすい)の「豫譲(よじょう)」が重文に指定されました。

本展では、新指定の2点、菱田春草(ひしだしゅんそう)の「落葉」と「黒き猫」(いずれも重要文化財)をはじめとする近代日本画のほか、刀剣、禅画、中国美術など、護立が集めた名品を一挙展示し、コレクションの軌跡をたどります。さらに、2年にわたる修理完成を記念し、騎馬武者像の優品「細川澄元(すみもと)像」(重要文化財)を特別公開します。

“美術の殿様”とも呼ばれた細川護立。その珠玉のコレクションを存分にお楽しみください。


■主な展示作品


重要文化財 菱田春草 「落葉」
明治42年(1909)

熊本県立美術館寄託
【後期展示】






重要文化財 菱田春草 「黒き猫」
明治43年(1910)

熊本県立美術館寄託



横山大観 「山路」
明治44年(1911)

熊本県立美術館寄託
【後期展示】





重要文化財(新指定) 松岡映丘 「室君」
大正5年(1916)

熊本県立美術館寄託
【前期展示】





重要文化財(新指定) 平福百穂 「豫譲」
大正6年(1917)

熊本県立美術館寄託
【前期展示】




 
 


重要文化財 狩野元信 「細川澄元像」
室町時代 永正4年(1507)

【前期展示】

 


白隠慧鶴 「大燈国師像」
江戸時代中期(18世紀)

【後期展示】

 


国宝 「刀 金象嵌銘
光忠 光徳(花押)
生駒讃岐守所持」
鎌倉時代(13世紀)







重要文化財 「菩薩半跏思惟像」
中国 北魏時代(6世紀前半)




仙厓義梵 「虎図」
江戸時代後期(19世紀)

【前期展示】
 

 



重要文化財 「三彩宝相華文三足盤」
中国 唐時代(7~8世紀)




>> プレスの方へ





●令和2年度秋季展 財団設立70周年記念
永青文庫名品展
―没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション―
入館料 一 般:1000円
シニア(70歳以上):800円
大学・高校生:500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
開館時間 10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日

月曜日(但し9/21は開館し、9/23は休館)

※天災や災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の
短縮を行う場合があります。
最新の情報は電話03-3941-0850(自動音声)やTwitter
にてお知らせします。
※マスク着用の上、ご来館ください。当館の新型コロナウイルス感染拡大予防対策については、こちらをご覧ください。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、開館時間の変更または臨時休館となる場合がございます。





■【10/21(水)限定】細川護立バースデー割引
10月21日は、細川護立の誕生日。当日ご来館された方は、入館料を100円引きにいたします。
また10月21日に誕生日を迎えられる方には、この日に限り記念品をプレゼントします。
※他割引との併用不可。 ※誕生日がわかる身分証明書などを受付にご提示ください。



■リピーター割引
本展会期中、観覧済みの有料チケットをご提示いただくと入館料を100円引きにいたします。
※1名様につき1回まで。他割引との併用不可。



■【中止】記念講演会 細川護立の「表」と「奥」
10月25日(日)に予定しておりました林田龍太氏(熊本県立美術館学芸課参事)による講演会は、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。
※別日程での開催が可能となりましたら、改めてお知らせいたします。