ホームへ戻る HOME
当館概要 コレクション 展覧会 お知らせ ショップ アクセス
当館概要


平成30年度の展覧会

過去の展覧会

※休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)、展示替期間、年末年始


■春季展 生誕260年記念 心のふるさと良寛
会期:2018年4月21日(土)~7月11日(水)
 

前期:4月21日(土)~5月27日(日)
壮年期を中心として
後期:5月30日(水)~7月11日(水)
晩年を中心として

終了いたしました

良寛生誕260年を記念し、生涯にわたる遺墨から良寛の人間性・人生観に迫ります。

良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧です。越後出雲崎の名主橘屋の長男として生まれ、一時は名主見習となりますが、18歳で出家し、越後を訪れた国仙和尚に従って備中(岡山県)玉島の円通寺に入りました。10年余りの修行ののち吉野・高野山・伊勢など諸国を行脚して帰郷、国上山の中腹にある五合庵や乙子神社の草庵に住庵しました。生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中で生きとし生けるものすべてへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌や漢詩を詠み、書に興じた人でした。

そうした良寛の生きざまや遺墨は、いまも多くの人々の共感を呼び、魅了し続けています。本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、およそ100点から日本人の「心のふるさと」と評される良寛の魅力に迫ります。


■主な展示作品


漢詩二篇 和歌一首 縦讀洹沙書

個人蔵

【前期展示】







自画賛 良寛像 袖裏繍毬直千金

個人蔵

【後期展示】


漢詩 仙桂和尚真道者

個人蔵

【前期展示】


神号 天満大自在天神

個人蔵

【前期展示】






書簡 貞心尼宛 先日は眼病の

個人蔵

【後期展示】







小杉放庵 良寛盆踊り図

個人蔵

【前期展示】




   





●春季展 生誕260年記念 心のふるさと良寛
主 催 永青文庫、朝日新聞社
後 援 全国良寛会
入館料

一 般:1000円(900円)
シニア(70歳以上):800円(700円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※( )内は10名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日

毎週月曜日(但し4/30は開館し、翌日休館)
5/29(火)は展示替のため休館

交 通

・JR目白駅(「目白駅前」バス停)・副都心線雑司が谷駅(「鬼子母
神前」バス停)より、 都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて
「目白台三丁目」下車徒歩5分。
・都電荒川線早稲田駅より徒歩10分。
・有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分。
・東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分。





■リピーター割引
前期(4月21日[土]~5月27日[日])・後期(5月30日[水]~7月11日[水])で 大幅な展示替えを行います。本展会期中、観覧済の半券をご提示いただくと、入館料を100円引きにいたします。
※1名様につき1回まで。他割引との併用不可。


■平成30年度春季展「生誕260年記念 心のふるさと良寛」記念講演会

心のふるさと良寛 ※定員に達したため受付を終了いたしました
日 時

2018年4月21日(土)13:30~15:00

講 師 小島正芳氏(良寛研究家・全国良寛会副会長)
会 場 日本女子大学 新泉山館 1階大会議室(東京都文京区目白台1-19-10)
交通アクセスはこちら
定 員 140人(先着順)
参加費 500円(友の会会員400円)※税込。当日現金でお支払いください。
申込方法 3/31(土)午前10:00より電話(03-3941-0850)にて先着順に受付


■ギャラリートーク

日 時

2018530日(水)1100より1時間程度

講 師 小島正芳氏(良寛研究家・全国良寛会副会長)
場 所 永青文庫4階展示室
参加費 無料(要入館料)、事前予約不要


■HOME 過去の展覧会 TOP▲